2018年3月1日より送料の実費が加わります。ご了承ください。
    詳しくはお問合せください。
  


NASA

スペースシャトル/国際宇宙ステーションで活躍

RORO

逆浸透膜システムの認知度を一気に高めたのは、1981年スペースシャトル・コロンビア号の初フライトに搭載され、
宇宙飛行士の尿を逆浸透膜で安全なまでに浄化リサイクルして宇宙空間におけるライフウォーターとして利用されました。


RO


国際宇宙ステーション内に、尿を飲料水に変えることができる機能をもったトイレにRO膜システムが 設置されました。
【NASAプレスリリース】

RO

国際宇宙ステーションスピンオフ

International Space Station Spinoff

宇宙航空技術を異なる分野の技術に移転することを「スピンオフ(SPIN OFF」と呼びます。スピンオフで広く知られているものに、枕やマットレスに使われている低反発素材があります。これは、ロケットの打ち上げ時や地球に帰還する際に宇宙飛行士が受ける衝撃を少しでも減らすためにNASAが開発した素材を、一般の生活に役立つように開発・商品化したものです。

Every day, in a variety of ways, American lives are touched by space technology. Since 1976, over 1,600 documented NASA technologies have benefited US industry, improved the quality of life, and created jobs.

These spinoffs stem from technologies created to support construction of the ISS, as well as from work performed on the ISS.

毎日、様々な方法で、アメリカ人の生活は、宇宙技術によりタッチされています。1976年以来、1600以上の文書化されたNASAの技術は、米国産業の恩恵を受けて生活の質を改善し、雇用を創出しています。これらのスピンオフは、ISSの建設だけでなく、ISS上で実行される作業をサポートするために作成された技術に由来する。

A technology for waste water purification originally developed for flight aboard the Space Station uses a direct osmosis process followed by a reverse osmosis treatment.

技術廃水浄化もともと宇宙ステーションに乗って飛行用に開発された逆浸透膜処理、直接浸透膜プロセスを使用しています。装置が廃棄物から水を抽出するため、リサイクル水として使用されています。

チーフテクノロジストのオフィスOffice of the Chief Technologist

https://spinoff.nasa.gov/より引用






Water Recycling on the ISS  YouTubeより




How NASA is recycling urine into drinking water

As a life support engineer at NASA Ames Research Center, it's Michael Flynn's job to keep astronauts alive in space, making sure they have the basic necessities like clean water to survive. But launching clean water into space is cost-prohibitive, so for years, Flynn and his team have been working on new ways to recycle waste water into safe, drinking water. SmartPlanet visits Flynn's lab and looks at how he's doing it through a process known as "forward osmosis."

This post was originally published on Smartplanet.com


NASA が飲料水に尿をリサイクルしている方法

NASA のエイムズ研究センターのライフサポートエンジニアとして、宇宙空間で宇宙飛行士を存続させるために、きれいな水のような基本的必需品を持っていることを確認するのがマイケル・フリンの仕事です。しかし、きれいな水を宇宙に打ち上げるのは費用がかかりませんので、何年もの間、フリンと彼のチームは、廃水を安全な飲料水にリサイクルする新しい方法に取り組んできました。SmartPlanet はフリンのラボを訪問し、彼は「フォワード浸透」として知られているプロセスを介してそれをやっているかを見て.


この記事はもともと Smartplanet.com に掲載されました


NASA が飲料水に尿をリサイクルしている方法

    ↓     ↓      ↓

https://youtu.be/KuPMR_vMNR0










Water Recycling on the ISS &スペースシャトル  YouTubeより

RO

 

逆浸透膜 浄水器 RO
 メンテナンス/設置費用? 

逆浸透膜 浄水器 RO
 セルフ・メンテナンスの場合 

逆浸透膜 浄水器 RO
 RO専門設置業者 

逆浸透膜 浄水器 RO
 警告!健康に有害な水

逆浸透膜 浄水器 RO
 水とあなたの健康

逆浸透膜 浄水器 RO
国際宇宙ステーションで活躍

店長日記

RO純水工房へようこそ。
わたしが店長の松尾です。
RO純水工房のご提供する逆浸透膜浄水器は9万円台とリーズナブルな価格でご提供しています。他社製品では20~30万円台で販売されている事の多い逆浸透膜浄水器の価格を是非、比較してください。

価格・性能共に素晴らしい「純水」であると自信があります。


店長日記はこちら >>

人気ランキング

逆浸透膜浄水器アンダーシンクタイプ RUP-75GPD/DIフィルター付きモデル 「零」

¥111,834(税込) ~

■アンダーシンクタイプは、浄水器本体とタンクをシンクの下に収納設置するので、流しの上を広々と使えます。 ■イオン交換樹脂フィルター付きモデルです。

逆浸透膜浄水器アンダーシンクタイプRUP-75GPD

¥101,648(税込) ~

■ アンダーシンクタイプは、浄水器本体とタンクをシンクの下に収納設置するので、流しの上を広々と使えます。 ■ご家族が多い方やカフェなどの小規模店舗などにお奨めです。

逆浸透膜浄水器 CEW-520/75GPD

¥96,556(税込) ~

■逆浸透膜浄水器 CEW-520/75GPDは、ワンタッチでフィルター交換できます。
■ 驚異の99%除去率。 フィルムテック純正/逆浸透膜75GPD・BWシリーズ採用モデル。

CEW-520用前処理フィルター3本セット

¥13,500(税込)

■逆浸透膜浄水器CEW-520専用前処理フィルター3本セットです。
■ワンタッチで簡単スピーディに交換可能です。

オフィス用 ウォーターディスペンサー/HYUNDAI ジュリエット 1

¥303,519(税込)

■ウォーターディスペンサー/HYUNDAI ジュリエット 1は、ホットとコールドの2種類の純水が何時でも楽しめます。■ 24リットルの大型タンクなので、学校、飲食施設やオフィスや会議室等に適しています。          

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

2019年12月29日~2020年1月6日までお休みです。
この期間お問合せはメールでのみ受け付けております。
商品の出荷は2020年1月7 日以降となります。

ページトップへ